保健師求人サイトを利用して転職しよう!

最近は転職サイトも細分化・専門化されてきて医療関係の資格を持っている人をターゲットとした転職サイトが目立ってきています。

資格を持っていて実務経験がある人は転職のチャンスです。タイミングを逸しなければ、より良い条件の仕事に巡り合えるかもしれません。

求人数だけを考えた場合には看護師と比較すると保健師の求人は少ないです。しかしながら、「行政保健師」「学校保健師」「産業保健師」と保健師が活躍できる職場はどんどん拡大しています。 保健師の仕事は、やりがいもあり広く公衆衛生業務や保健指導業務ができます。

保健師の大部分は行政機関に勤務する行政保健師です。近頃は次のようなところでも保健師が活躍しています。

・メンタルヘルスケアや職場環境を改善したいと考えている企業
・養護教諭として勤務する学校保健師
・学校で発生する諸問題や健康アドバイス・衛生管理のアドバイスをする学校保健師
・世界的に活動拠点があるNGOやNPO団体に派遣され海外で活躍する保健師

保健師は看護師の免許を持っているし、広範囲に公衆衛生指導のために仕事ができるので、さらに注目度は高くなってくるでしょう。保健師が転職を考える場合は個人的に「行政機関」「学校」「企業」に応募して選考してもらう方法があります。
福井県看護協会

しかしながら、サイトを探したり、企業に問い合わせたり、公報を見たりするのも効率が悪いです。時間もかかりますし、良い求人情報があっても見逃すかもしれません。

そこでお薦めしたいのが保健師専門の求人・転職サイトです。ここに登録しておけば、新しい求人の案件があれば簡単に検索できます。希望条件に一致する転職情報があれば、すぐに問合せできるでしょう。 また専任コンサルタントから連絡がきます。

もともとが保健師の仕事の求人件数は限られています。確実に情報を掴んで、あなた自身のキャリアプランにあった保健師転職をするには、転職サイトを如何に上手に使えるかがポイントになります。

以上のように、保健師が転職する場合は転職専門サイトを利用すると有利だと思います。 条件が良い案件はすぐに決まりますのでアクションは早め早めにしましょう。

保健師求人は多い?

保健師の資格を取得するためには先に看護師資格を取得するわけですが、ステップを踏んで保健師の資格を取得したとしても、求人が少なければ資格を活かして働くことができませんよね。現在、保健師の求人状況はどのようになっているのかというと、これは安定した求人数を確保していると言えます。

ただ、看護師と比べてしまうと看護師求人のほうが数が上なので、極端に求人数が多いかというと、そうとも言えない状況です。では、たくさんの求人がある看護師ではなく保健師を目指すメリットはなんなのかというと、厚待遇の求人が多いということが挙げられます。

特に待遇が良いとして知られているのが産業保健師などの仕事なのですが、こういった職場に就くことができれば、とても良い条件の中で働くことができます。

保健師としての活躍の仕方は人それぞれではありますが、長年保健師として活躍している人の中には、講演会の講師として活躍している人もいるようです。 こういった求人もあるので、キャリアを積んだあとは様々な働き方に挑戦してみるのもいいでしょう。

様々な働き方が選べるだけでなく、求人の条件も良い、ばたばた走り回らずに仕事ができるという点に魅力を感じ、看護師から保健師を目指す人も非常に多くいます。 看護師からすれば保健師は憧れの職業としてとらえられることも多いですね。

ただ、保健師の求人には好条件のものが多いといっても、どの職場を選択するかによって状況は大きく変わってきます。できるだけ条件が良い職場で働きたいと思っているのであれば、転職支援サイトを活用したほうがいいでしょう。

転職支援サイトを活用すれば、条件を絞ったうえでそれに合った職場はどこなのかを知ることができます。特に、これまで看護師として働いていたものの、資格を取得したことをきっかけに保健師として働ける職場を探しているという場合は、転職支援サイトを活用したほうが転職がスムーズに進む場合が多いです。

保健師と看護師はどう違う?

保健師の仕事内容が看護師とどう違うのかよく分からないという人もいるようです。 しかし、これには大きな違いがあります。

まず、看護師の仕事内容といえば、病気や怪我をした人の対応やお世話ですよね。 職場は病院や学校の他、福祉施設などが代表的です。保健師の場合はどうなのかというと、病気や怪我をしないように予防の指導をするのが主な仕事内容です。

職場は、市役所や保健所の他、一般企業や福祉施設、大学などが挙げられます。 病気や怪我の予防をしたいのか、治療のお手伝いをしたいのかによってどちらの職業が自分に向いているのか知ることができるでしょう。

自分にはどちらの職業が向いているのか分からないという場合は、まずは看護師を目指してみてはどうでしょうか。そもそも、保健師になるためには看護師の資格が必要となるわけなので、保健師として活躍している人は看護師の資格も持っています。

まずは看護師としてしっかり経験を積んでから保健師を目指す人も多いので、看護師の仕事を経験したうえで「病気や怪我の予防に関する仕事がしたい」と感じるようであれば、そこから保健師を目指すといいですね。

それから、看護師としての忙しい仕事に疲れてしまい、保健師への転向を目指す人もいるようです。 看護師不足の問題が叫ばれていることからもわかるように、職場の中には十分な数の看護師を確保できていないところも多くあります。

そういった職場では一人あたりが担当する仕事内容が多く、急いで走り回らなければならないようなところもあるのです。

ですが、保健師は治療ではなく予防のために活動しているということからも分かるように、それほど緊急性を持って動かなければならないような職業ではありません。 そのため、看護師に比べると落ち着いて仕事ができるというのも大きな魅力です。

保健師の資格を持っていれば看護師としての知識を持っていることも同時に証明されるわけなので、多くの看護師が取得を目指しています。

このページの先頭へ