保健師の仕事内容について

保健師の仕事の内容は、世の中の人々の健康を守り、病気になるのを防ぐというのが、大きな枠での仕事内容になります。

医療の仕事に携わる職業として主なものに、医師や看護師がありますが、これらは病気になった後の治療が主な仕事内容になるのに対し、保健師は病気になる前の予防がおもな仕事になるという違いがあります。ひと言で予防と言ってもその仕事内容は多岐に渡り、その職場ごとに様々な仕事があります。

特に主な仕事として挙げられるのは、生活習慣の指導です。食事や睡眠の取り方などは、体調と大きく関係しており、不規則や偏ったものになっていると病気にもなりやすくなります。

こうした事を、指導という形でアドバイスを行ったり相談窓口で対応する事などによって、人々が病気になる前に、その原因となる可能性のあるものを改善していきます。高齢者の方や子供は、もしかしたら病気なのではと不安になる事も多いため、こうした時に保健師は活躍します。

保健師として仕事をしていくためには、医療の知識の他にも食事の取り方や栄養学など、様々な分野の知識を持っている事が大切です。求められる知識レベルは高く、専門性も高いため、看護師よりも上の資格として位置づけられています。

保健師として仕事をするには、看護師の資格も持っている事が前提となるのです。もちろん勉強はしっかりとする必要がありますが、取得すれば看護師としても保健師としても活動でき、仕事の幅は広くなっています。

仕事の場所は様々な場所がありますが、大きく3種類に分けられます。企業の中で保健師として健康相談や健康診断などを行う産業保健師、学校の保健室で、いわゆる保健の先生として働く学校保健師、公共施設である保健所や、市役所などで働く行政保健師の3種類に分かれます。

行政保健師は公共施設で働くため、公務員として働く事になります。医師や看護師は病院で働きますが、保健師の職場はそれ以外の場所で医療に関わる事が多くなります。

このページの先頭へ