保健師の休職・復職について

保健師は看護師の業界と同じく、女性が多く活躍している職種です。そのため、女性特有の傾向というものがあり、家庭や出産、育児などの理由で、途中で退職や休職をする方が多いという事が大きな特徴として挙げられます。

こうした一旦仕事を中断していたけれど、復帰して保健師の仕事をまたやりたいという方も多く、保健師の業界は比較的こうしたブランクからの復職の体制が整っている職種と言う事もできます。

保健師が働く職場はこうした、突然の事情により退職してしまう方というのが多く、人手不足に陥り、困っているという職場も中にはあります。看護師も人手不足に悩まされていますが、同様に保健師も、人手が不足した状態になっています。

さらに、保健師はその専門性の高さから、看護師ほどの数がいないため、中々良い方が見つからないという職場も中にはあるのです。こうした職場では、復帰したいという方がいれば、ぜひ来てほしいという話になる事も多いです。

行政保健師という、公務員の立場で保健師の仕事を行う場合は、退職をしなくても、休職という形で、復帰がしやすくなっています。離職率が高い保健師の業界でも、行政保健師の離職率は低めになっています。こうした家庭や育児の事情にはとても理解があるので、きちんと配慮をしてくれます。

一定期間の休暇を貰えたり、復職しても、一定時間は育児の時間に充てられるなど、その制度は民間企業などに比べると整っています。

民間の企業で働く産業保健師の場合は、その職場によって、制度は異なります。産業保健師を配置する職場は大手企業である場合も多いですが、大手企業ではこうした制度が整っている傾向にあります。

そのため、公務員と同様に、家庭の事情に理解がある職場も多いため、まずは確認すると良いでしょう。基本的には保健師の仕事は、休職や復職に対して、どの職場であっても理解がある職場は多く、女性にとって働きやすい職種という事ができます。

このページの先頭へ